医療法人靖正会 守口駅前歯科クリニック

FLOW 治療案内

  • 自費かぶせ・入れ歯など
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 個別栄養指導
  • 審美歯科
  • 自費かぶせ・入れ歯など
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 個別栄養指導
  • 審美歯科

つめもの(インレー・アンレー)

  • 素材
  • セラミックインレー・アンレー
    (e-max)

    セラミックインレー・アンレー(e-max) 症例を
    見る
  • 特徴
  • 金属を一切使用せず、自分の歯のような透明感と美しさを再現するのに優れています。汚れが付着しにくく非常に衛生的で、虫歯の再発リスクを減らします。
  • 費用
  • 50,000円+税

  • 素材
  • ハイブリッド
    レジンインレー・アンレー

    ハイブリッドセラミックインレー・アンレー 症例を
    見る
  • 特徴
  • セラミックの性質とレジンの性質を併せ持った材質で、金属を使用しています。経年的な着色が起こりやすく、すり減るという性質があります。まわりの歯に合わせてすり減ることが、メリットになる場合もあると考えているので、その際には適応症と言えます。
  • 費用
  • 50,000円+税

  • 特徴
  • 保険で使用される金属と違い、延びが良いため金属と歯との境界部分のなじみが良く、また錆びる事がほぼないため、優れた材料と考えています。セラミック系の材料の欠点ともいえる『欠ける』という心配もまずありません。歯のエナメル質とほぼ同じ硬さを持つため、噛みあう相手の歯を痛めにくい材質です。
  • 費用
  • 50,000円+税

かぶせもの(クラウン)

  • 特徴
  • 金属を一切使用せず、自分の歯のような透明感と美しさを再現するのに優れています。汚れが付着しにくく非常に衛生的で、虫歯の再発リスクを減らします。
  • 費用
  • 160,000円+税

  • 特徴
  • セラミックの一種で、人工ダイヤモンドとも言われ、非常に硬い材質で出来ています。金属を使用しないので、見た目にも優れています。噛み合わせが強い方や、歯ぎしりの多い方、その他通常のオールセラミックで対応できない場合に用いることがあります。
  • 費用
  • 160,000円+税

  • 特徴
  • セラミックと金属を使用した材質です。一部金属を使用するため、すべてセラミックの場合に比べて、歯が持つ透明感の再現は少し難しくなります。しかし、、金属を使用するからこそ、入れ歯のバネをかけたりする際、かぶせに特殊加工を施せるというメリットもあります。
  • 費用
  • 120,000円+税

  • 特徴
  • セラミックの性質とレジンの性質を併せ持った材質で、金属を使用しています。経年的な着色が起こりやすく、すり減るという性質があります。まわりの歯に合わせてすり減ることが、メリットになる場合もあると考えているので、その際には適応症と言えます。
  • 費用
  • 50,000円+税

  • 特徴
  • 保険で使用される金属と違い、延びが良いため金属と歯との境界部分のなじみが良く、また錆びる事がほぼないため、優れた材料と考えています。セラミック系の材料の欠点ともいえる『欠ける』という心配もまずありません。歯のエナメル質とほぼ同じ硬さを持つため、噛みあう相手の歯を痛めにくい材質です。
  • 費用
  • (小臼歯)
    70,000円+税

    (大臼歯)
    80,000円+税

つめもの(インレー、アンレー)

インレー(小さめのつめもの)、アンレー(大きめのつめもの) ※大きさによって呼び方が変わります

セラミックインレー(e-max、写真中央の歯)

セラミックインレー、アンレー
(e-max、写真両端の歯)

しっかり表面処理を行うことで、歯と『接着』させ、虫歯の再発を防ぎます。
また、経年的な着色や、すり減りも最小限に抑えられます。噛む機能はもちろん、見た目も美しく修復することが出来ました。

ハイブリッドセラミックインレー

写真中央の歯を修復した症例です。こちらも本物の歯と見分けがつかないですね!
レジン(樹脂)成分との混合素材なので、着色やすり減りが経年的に起こりやすいですが、すり減る性質がメリットになることもあります。

ゴールドインレー

保険の銀歯(インレー)を外してみると、しっかり歯磨きをしていても、このような状態になっていることが多いです。虫歯をとって、また銀歯で治しても、次に虫歯が再発すると、抜髄処置(神経をとる処置)になる可能性が高いでしょう。
虫歯の再発を極力防ぐために、銀のインレーよりも適合性が良く、歯と同じぐらいの硬さのゴールドインレーを選択しました。

Bかぶせもの(クラウン)

オールセラミッククラウン(e-max)

向かって左下の前歯1本を、根の治療後、オールセラミッククラウンで修復した症例です。
金属を使用しないクラウン(かぶせ)なので、天然の歯と同じような透明感を生み出すことが可能で、根元が黄色くなっているのもうまく再現することが出来ました。着色しにくく、美しさを長く保つことが出来ます!

ジルコニアクラウン

真ん中の歯が隣の歯より短いという審美障害に対する治療です。
かなり歯がすり減っていることから、噛む力が強いことが想定され、実際にシミュレーションすると、仮歯が割れたりしていたので、強度のあるジルコニアでの修復をしました。歯間ブラシを通しやすいように、歯の根元は適切な大きさの隙間を作っています。
審美的にも改善し、満足いただけたかと思っています!

左上のかぶせが欠けたことを主訴に来院されました。
食いしばりや元々の噛み合わせが原因と考えられました。
犬歯の形をレジン(樹脂)で少し修正することで、奥歯への負担を減らし、その後にジルコニアクラウンで再修復しました。

メタルボンドクラウン

前歯3本をメタルボンドクラウンで再修復しました。
一般的にオールセラミックに比べて、透明感が出しにくいとされていますが、周囲クラウン(かぶせ)に合わせて、自然感を出すことが出来ました!口元も美しくなりましたね!

ハイブリッドレジンクラウン

かぶせの根元が黒ずんできたのが気になるとのことで、新しいかぶせに交換しました。
きれいに修復することができました!

ゴールドクラウン

右下奥歯をゴールドクラウンで修復しました。
すり減った歯の形も、適切な形にすることが出来たので、効率よくものを噛むことが出来ます。

メタルボンドブリッジ

転倒による外傷で、前歯が破折し、抜歯を行いました。
ブリッジでの治療を選択され、仮歯の状態で、歯ぐきの治りを待ちます。その後、周囲の歯と色をなじませたメタルボンドブリッジを装着しました。

臨床的歯冠長延長術 + メタルボンドブリッジ

一見、虫歯はなさそうですが、前歯のブリッジを外すと・・・

虫歯がかなり深く、このままでは歯は残せません。
歯ぐきの処置(歯冠長延長術)によって、歯ぐきの位置を少し下げます。

仮歯を入れて、歯ぐきの傷の安定を3ヶ月待ちます。
術後すぐに型をとってもそこから歯ぐきは下がってくるので、傷の治りを待つ必要があるのです。

歯ぐきの形が安定したところで、型をとります。

ブリッジ(連結された被せ)の適合を精密にチェックしながら・・・

メタルボンドブリッジの完成です!
見た目を改善するための治療ではないですが、きっちり治療を進めた結果、見た目の改善もされました!

C金属床義歯

金属床義歯 + ミリングクラウン

上あごの部分を薄く、強度のある金属で覆うことで、プラスチックと比べて装着の違和感を少なくし、入れ歯としての強度を確保することで、バネをかけている歯への負担も少なくなります。

さらに『ミリングクラウン』という入れ歯のために特殊加工したかぶせを用いることで、入れ歯の動きを最小限にし、残った歯への負担も減らします。

金属床義歯(マグネットデンチャー)

重度歯周病でほとんどの歯が抜歯になってしまいました。
なんとか保存できそうな数本の歯については、磁石をくっつけ、総入れ歯の安定補助に使用することにしました。総入れ歯は動きやすくて、噛みにくいことも多いですが、磁石の補助でしっかり噛めるようになりました!

Dダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

正中離開(真ん中の隙間があいてしまう歯並び)の改善を主訴に来院されました。
改善方法としては、削って歯を被せたり、などの方法はありますが、健康な歯質を削ってしまうのは非常にもったいないので、お口の中でレジンにて隙間を埋める方法(ダイレクトボンディング)を採用しました。

色調や形態も、ほとんど違和感なく修復することが出来ました!歯の状態によって難易度が変わりますし、適応症でないこともありますので、一度ご相談ください。

E臨床的歯冠長延長術
(クラクラウンレングスニング)

簡単に言うと、【歯を長くする処置】です。(厳密には、歯ぐきの位置を変えることで、歯を長く見せているだけです。)

臨床的歯冠長延長術
(クラクラウンレングスニング)

右上の前歯のクラウン(かぶせ)が外れてしまったことが主訴でした。
支台歯(かぶせの土台にする部分の歯)の高さが十分に確保できないために脱離したので、このまま新しい歯を作製しても同じことが起こると考えられます。

そこで、歯ぐきの位置を下げることで、支台歯の長さを確保します。

術直後の状態です。ここから、歯ぐきの位置は3ヶ月ほどかけて、ゆっくり治ってくるため、かぶせの型どりは、およそ3ヶ月後に行います。そのあいだは、仮のクラウン(かぶせ)で置いておきます。
メリットデメリット、そして適応症がありますので、その判断は歯科医師が行います。

術後3ヶ月が経ち、歯ぐきの形も安定してきたため、最終的なかぶせの型をとり、完成させました。

F診断用ワクシング

診断用ワクシング

診断用ワクシングとは、『治療の設計図』です。
初診での前歯の不揃いを治療すると、どのようになるのか、患者さんと共有したり、歯科医師がしっかり把握したりするために行います。
歯を外してみたはいいけど、すごく大きな歯になってしまった、思っていた歯と違う・・・などが起こらないように、シミュレーションをしてみた結果、自然な歯のサイズに変更可能だと分かり、治療を進めていくことにします。

奥歯やあごの関節への負担を減らすためには、前歯、特に犬歯の『機能』が重要だといわれています。すり減った犬歯の形を理想的な形に修復するために、一度歯の模型上でシミュレーションをします。その模型を透明のシリコンで型をとり、この型を使って、お口の中で作業をします。

横運動をしたときに、上下の奥歯が離れず、ぴったりと密着したまま歯がすり合わさっています。この症例では、このことが1つの原因となってかぶせが壊れたと考えられたため、犬歯(前から3番目の少しとがった歯)の形を修正することにしました。

横運動したときに、上下の奥歯が離れるようになり、奥歯やあごの関節に負担がかかりにくくなったと考えられます。歯の形を変える場合、削って型をとり、かぶせて治す方法もありますが、元々の歯を削ることなく、『足す』調整をすることで、問題の解決を試みました。レジンはすり減る材料なので、定期的に観察し、再修復する可能性があります。そして、なるべくすり減らないように、夜にプロテクションスプリント(マウスピース)の着用をしていただきます。

Gフルマウス治療

フルマウス治療(全体の治療)

前歯の虫歯治療を希望され、来院されました。もはや抜くしかないのか、そんな不安をお持ちでした。
抜かないといけない歯もありますが、治療によって残せる歯もあります。
様々な治療法が考えられますが、話し合いの結果、クラウン(かぶせの歯)の連結することで対応することにしました。

まずは、上の歯の治療から行い、仮歯の状態にします。やみくもに歯をつなげるのはよくないので、必要最小限にとどめるため、どの範囲をつなげる必要があるのかを仮歯でシミュレーションを行います。その上で、噛み合わせの与え方や見た目の美しさなどを勘案し、最終的な連結範囲を決定します。

多くの歯がつながったブリッジは、1本1本の歯に対して精密に合いにくいので、細かな工程をしっかり行うことで、適合の良いかぶせが出来上がります。

下の歯の治療も終えて、完成です。

見た目はもちろんですが、前歯の噛み合わせの機能も取り戻すことが出来ました。この状態を長く保つためには、メインテナンスが不可欠です。

フルマウス治療(全体の治療)

右上の前歯で噛むと痛みがあるとのことで来院されました。
ほとんど抜けかかっている状態で、保存は不可能でした。
ブラッシングの状態がものすごく悪いわけでもなく、歯の治療も行ってこられた真面目な患者さんですが、治療を繰り返し、その部位に強い歯ぎしりなどの力が加わり続けた結果、症状が出ていると考えられます。

1本ずつの歯の治療もしっかり行い、低くなってしまった噛み合わせを元に戻し、さらに最も良いと考えられる噛み合わせを模索しました。
試行錯誤を重ね、何度か仮歯を交換しながら、最終的な歯に置き換えました。
かなり困難な治療でしたが、何よりも患者さんがしっかり通院して下さったおかげで、大変な治療も終えることが出来ました。

フルマウス治療(全体の治療)

下の前歯が自然に抜けてしまったとのことで来院されました。歯周病が進行しているため、他にも揺れている歯が多かったり、適切なプラークコントロールがなされていなかったり、様々な問題を抱えておられました。

歯周病の大きな原因の一つである『歯石』を徹底的に除去するために、歯周外科処置を行い、歯ぐきに隠れた部分も見逃しません。

こちらの患者さんも、頑張って通院して下さり、奥歯でしっかり食べられるようになりました!
歯間ブラシなどを使用したり、入れ歯を清潔に保つなど、健康な状態を長く保つために、メインテナンスをしっかり行っていきましょう!

フルマウス治療(全体の治療)

右下の銀歯がとれたことを主訴に来院されました。
そのあと、前歯のかぶせなど全体のやりかえをすることになり、噛み合わせを安定させることで、治療結果の長期安定につながるとのコンセプトの下、歯の形態や噛み合わせの与え方なども変更しました。

▲