医療法人靖正会 守口駅前歯科クリニック

FLOW 治療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 痛くない治療
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 痛くない治療

虫歯治療

冷たいものや熱いものがしみる、食事のときに痛みがある、歯に穴が開いているなど

虫歯菌による感染症で、歯が溶けてなくなる病気です。虫歯の部位や進行具合に応じて、レジン充填(歯に近い色味の材質で修復)やインレー修復、クラウン修復を行います。
虫歯の進行が、歯の内部にある神経まで及んでいる場合は、抜髄処置といって、歯の神経を取り除く処置を行います。
虫歯の進行が著しく大きい場合は、抜歯を行うこともあります。

虫歯の進行

エナメル質(歯の表面)に限局した虫歯

象牙質(歯の内部)に到達した虫歯

歯髄(歯の神経)まで到達した虫歯
インレー修復(保険適応治療の場合)

クラウン修復 奥歯(保険適応治療の場合)
クラウン修復 前歯(保険適応治療の場合)


根管治療(こんかんちりょう)

① 抜髄処置(歯の神経が生きている場合)

症状:何もしなくても強い痛みがある、など軽度の虫歯に比べてひどい痛みのことが多いが、無症状のことも多い

② 感染根管処置(歯の神経をすでに取り除いてる場合、または歯の神経が壊死している場合)

症状:何もしなくても強い痛みがある、痛みではないが浮いたかんじや違和感があるなど

いわゆる『歯の根っこの治療』です。
虫歯が大きく進行し、歯の神経まで及んでいる場合や、以前に根っこの治療を行った歯に再び感染が生じ、歯の根っこのまわりの組織まで広がっている場合、歯の内部を洗浄し、症状が軽減したタイミングで、もともと神経や血管があった空洞部分を特殊な材料で密閉する治療です。

見えない部分の治療で、歯の中の神経は実は木の枝のように複雑に分かれているため、実は非常に困難な治療です。

根管治療の難しさ

根管治療

①まず虫歯になっている部分を
取り除きます

②虫歯を取り除いた状態

③歯の神経を取り除きます

④歯の根っこの中がきれいになれば、
特殊な樹脂の材料を詰めていきます

⑤その後、コアと呼ばれる支柱をたてます

⑥さらにその上から、クラウン(かぶせ)を
つけて、治療は終了です

歯周病治療

症状:歯がぐらつく、歯ぐきが腫れる、歯茎から血が出る、口臭がする、浮いたかんじがする、痛みはないが違和感があるなど

歯周病菌による感染症で、歯を支える骨が溶けてなくなる病気。日本人の歯の喪失原因の第1位であり、世界で最も感染者の多い病気としても有名です。虫歯とちがい、歯そのものには問題がないのですが、歯を支える骨が減っていくため、歯がグラグラしてきて、その結果うまく噛むことが出来なくなります。

骨が溶けていくことで、歯の根を覆っていた歯茎がやせ、知覚過敏(ちかくかびん)という、歯がしみる症状が出ることもあります。

多くが無症状のまま経過しますが、体が疲れたときや、細菌の量が一定数を越えたときなどに急に痛みや腫れが現れます。一度失った骨は基本的には戻ってきませんので、症状がなくても是非定期的に歯科医院にメインテナンスに通い、チェックを受けることをオススメします。

歯周病の進行

①プラーク(歯垢)がついた状態。
歯ぐきに炎症がおこります。

②プラークはやがて硬い歯石になります。歯石は歯ブラシでは落とすことが出来ず、歯周病を進行させる原因となります。

③歯を支える骨は炎症を繰り返すことで減少し、歯が揺れてくることで噛むことが困難になります。

欠損治療(けっそんちりょう)

残念ながら歯を抜かないといけなくなった場合に行う、歯を補うための各種治療です。
歯を抜いて放置をすると、多くの場合、周りの歯が倒れこんできたりして、噛み合わせが乱れる原因になったり、顎関節症(顎が痛い、口が開きにくい、音が鳴るなどの症状が出たりすることがありますので、基本的には治療をすることが推奨されます。

① ブリッジ

歯がない部分の周りの歯を支えにして、連結したかぶせを入れる治療

② 義歯(入れ歯)

歯がない本数が多い場合や、ブリッジを適応すべきでない場合など、残った歯に金属のバネを引っかけて歯を補う部分床義歯(部分入れ歯)と、歯が1本も残っていない場合の全部床義歯(総入れ歯)があります。

※保険適応外の総入れ歯


口腔外科

抜歯(おやしらずの抜歯を含む)、顎関節症、粘膜疾患など

抜歯治療

重度の虫歯や歯周病、歯の破折など、治療が不可能で歯を残せない場合に行います。残せない、治療が出来ないと判断した歯は感染源、つまり細菌がどんどん集まり、炎症を繰り返すため、周りの歯や骨、場合によってはその他の組織にまで悪影響が出ます。当院では、歯を残すメリットとデメリットを患者さんにお伝えし、納得していただいた上での抜歯処置を行うように努めています。

おやしらずの抜歯も行っておりますので、ご相談ください。(状態によって当日抜歯ができない場合もありますのでご了承ください)

顎関節症

症状:顎が痛い、口があけにくい、音が鳴るなど

顎の関節に何らかのストレスが加わり続けることにより、症状が発現します。
色んな原因が絡み合って発症するため、世界的にも確実な治療法は存在していないのも現状です。全身状態によって、症状が出たりで治まったりと、非常にやっかいな病気でもあります。
当院では、噛み合わせや、歯ぎしり、食いしばり、うつ伏せ寝、頬杖など、顎関節症の発症原因になりうる部分を診断し、対応をいたしております。

外傷

交通事故や転倒などにより、歯を打撲したり、欠けてしまったり、抜けてしまった場合の対応もいたします。

▲